安く利用できる日本橋の激安風俗で利用しやすいお店を見つける

激安風俗

激安風俗とそのジャンル

激安風俗と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。日本には多くの風俗店があり、その中には激安と呼ぶにふさわしいもの多くある。激安という面で、最も代表的なのがピンクサロンであろう。高い店舗でも6,000~7,000円ほどであり、巣鴨や大塚などメッカと言われるエリアであれば、2,000円程度の店もある。ただし、嬢の質やサービスはそのまま価格に比例することが多く、はずれに当たるといいようのない喪失感を味わうことが多い。
池袋や吉祥寺等の若い嬢が集まる5,000~6,000円前後の店舗が、個人的には一番おすすめだ。ピンクサロンよりさらにライトな手コキ専門の店もある。最も安いコースで料金は3,000円前後であり、口によるサービスがないこともあって、若い嬢も多い。手コキだけと聞いてしょぼいと思う方もいるかもしれないが、これがなかなか侮れない。ローションと嬢のテクニックがあいまって、口によるサービスに勝るとも劣らない快感なのだ。
私はこの店舗を最も安い手コキのみのコースで利用する。別コースやオプションをつけると、ピンクサロンとあまり変わらない料金になってしまうからだ。東京以外の地域では、ビデオパブなる風俗店がある。これは、個室内で自慰をするところを女性に見てもらうという業態であり、東海地方に数店舗あるようだ。利用したことはないが、どのような店舗なのだろうか。激安風俗にも多くの業態があり、それぞれ特徴を持っている。庶民の味方として、今後も存続してほしいものだ。

choices post

TOP